psychosomatic-medicine

【体験記】初めて心療内科に行った話 9回目【2019年】

初めて心療内科に行った話 9回目

人が少ないから快適

8月も暮れに差し掛かった24日。雨続きとまでは言わないが、じめっとした天気の日が続いていた。あまり良いとは言えない天気だが、少し暑さが和らいだように感じる。

待合室は、土曜の夕方とは思えないほど少なかった。(少なかった割に、特徴的なキャラが多かった。)だらりとした外の天気とは裏腹に、待合室はピリついているように感じた。

復職後2回目の通院。自分の中で、周りの捉え方が少し変わったのかもしれない。

減薬しない!

「このまま様子見しましょう。」

紆余曲折も無く、軽い会話で治療方針が決まった。仕事のストレスはあるものの、様子見するしかない状況。今後は、「減薬→断薬→通院終わり」と言う流れになるらしい。2週間に1度の通院も、次回から3週間に1回の通院に変更した。

薬を減らす事で、また体調が崩れていくことを恐れもあるから、減薬の時期の見極めが難しい。特に睡眠薬に至っては、無くてはならない相棒になりつつある。

抗うつ薬は、どうなんだろう。効いているのかな?と思うが、やはり「寝起き」に「会社行きたくなーい」と思う気持ちが減ったのは、薬のおかげだろう。

医師とは、「次回から、減薬してみる方向で――」と会話をしたのだが、不安しかない。次回までには覚悟を決めなきゃだ。

 

スポンサーリンク