mahjongsoul_20190717_01

【雀魂 じゃんたま】数え役満をあがったけど三人麻雀だった件

麻雀初心者だけど楽しめる麻雀ゲーム

四人麻雀も素人です

人と打ったことはありません。ゲームで少しやったことがあるくらいで、役は「咲-saki-」や「哲也 雀聖と呼ばれた男」、「アカギ 〜闇に降り立った天才〜」で知っていたくらいです。

咲-saki-に出てくる池田の数え役満「立直一発門前清自摸和平和純全三色一盃口ドラ三(りーち いっぱつ つも ぴんふ じゅんちゃんさんしょく いーぺーこ どら さん)」は、記憶に残り続けるセリフの一つですね。あとは、カンからの嶺上開花(りんしゃんかいほう)なども記憶に残りますね。

上の画像は、数え役満記念で撮ったキャプチャです。池田のようにはいきませんでしたが、嶺上開花で自摸あがりできたため嬉しいです。(四人麻雀では数え役満の経験はありませんが、役満は1度だけあがれました。機会があれば、今度キャプチャをUPしようとおもいます。)

数え役満をあがったのは良いのですが、四人麻雀で無いのが少し残念ですね……。

素人は素人

初心から雀士への道のりが長い。長い。四人麻雀では、少し前に雀士に上がれたのですが、三人麻雀は四人とは別に段位が設けられたとのことで、とりあえず雀士まで上げるべく、銅の間で打ってました。(なんとか、日が変わる前に雀士に上がれました。※アプデ当日の三人麻雀にてランキングは最高で14位でした。)

しかし、運の要素があるとしても素人は素人。結局のところ、雀士から上に上がることは難しいと思うので、銅の間と銀の間で腕を磨きつつ、溜まったアイテムを奉納して無料ガチャをする。ってのを繰り返そうと思います。

麻雀はどうすれば強くなるのか?ってことから知らないため、そもそも場数を踏む前にネットや書籍で勉強するところから始めるようにしないと成長しない気もしますが、楽しいことが第一ということで――。

以下は、三人麻雀 段位認定「雀士」の時のキャプチャです。

mahjongsoul_20190717_02

スポンサーリンク

最後に

もう少し無課金勢にも優しいと嬉しいのですが、今のところ銅の間で自由に打てるだけで良しとしないといけないですね。(月に1回でもガチャを回させてくれると嬉しいんだけど、そうなると課金勢が、なんでだよ!ってなりますよね。せめて、雀士・装飾系のガチャと消費アイテム系のガチャを分けて、消費アイテムの方だけでも無料ガチャで回せるようにしてくれると嬉しいですね。)

ネットワークが遅かったり、端末が重たくてもプレイ自体は可能ですね。ただ、筆者のサブPC(低スペックノート)では、ゲームをしながらネットサーフィンなどは難しかったため、YouTubeなどの動画を見ながらプレイしたい場合は、ある程度のスペックを持つPCでプレイすることをオススメします。

三人麻雀での役満画像集はコチラです。

 

スポンサーリンク